2008年12月17日

先物取引の使用方法

実際に先物取引はどのように扱われるかを解説していきます。
前の記事で何回か書いていますが、
先物取引リスクヘッジのために始まりました。
詳しくはwikiの2.1 リスクヘッジ (条件 その1) 2.2 リスクヘッジ (条件 その2)を読んで下さい。
先物取引について
要するに損失を限定するための取引になります
しかし先物取引の特徴としてレバレッジをかけれることから
投機目的での取引も盛んです。
レバレッジとは、経済活動において他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めることをいいます
簡単にいうと自分の資産以上の資金を動かせることができます
市場規模も小さいため変動率が高く、本来の目的のヘッジ利用の人には厳しい状況になることもあります。
【関連する記事】
posted by take at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111187231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。