2008年12月10日

商品先物取引について

商品先物取引とは、農産物や鉱工業材料等の商品を将来の一定日時に一定の価格で売買することを現時点で約束する取引であり、先物取引の一種です。
本来は将来の価格変動リスクを管理するための手段リスクヘッジ)として利用するものであるが、現在は投機手段としても利用されています
有名な例としては原油の高騰も投機マネーの原因とも言われています
ヘッジとは、商品の現物取引を行っている者が、将来の価格変動によって損失を被らないように保険を掛けるようなものです
商品先物の銘柄は以下の通りです
農産物
大豆(一般大豆、Non-GMO大豆)。小豆、トウモロコシ、
コーヒー(アラビカ、ロブスタ)、鶏卵、粗糖、生糸、冷凍エビ
工業品
金、銀、白金、パラジウム、アルミニウム、天然ゴム、原油、
ガソリン、灯油、軽油

日本では東京工業品取引所、東京穀物商品取引所など4つの商品取引所で商品先物取引が行われています。
アメリカや欧州などでも取引所はあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。