2008年12月09日

先物取引とは

先物取引(さきものとりひき)とはいわゆるデリバティブ(派生商品)の一つで、価格や数値が変動する各種商品・指数について未来の売買についてある価格での取引を保証するものをいいます。
売買の当事者が任意に期日を決め全量を受け渡すことを約する契約(先渡し契約)とは異なり、先物取引では市場が期日(取引最終日・納会日)を決め納会日までに反対売買により差金決済することが特徴です(現物の受渡しにより代替することを認めるものもある)。
要するに未来の売買についてある価格での取引を保障するものです
なんでこんな取引ができたかというと、リスクヘッジのためです。
リスクヘッジとは、価格変動の影響を避けるための手段をいいます
詳しくはこちらよりどうぞ→先物取引(Wikipedia)
先物取引が出来た理由には、未来どうなるかわからない場合に損失を最低限に抑えるためにするためでもあります。
現在では投機として使用されることもあり、
原油のように価格が高騰するような混乱も起きるようになりました
私は為替を売買しているので相関性や逆相関性などをみて
投資する形にしていきたいと思います。
【関連する記事】
posted by take at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110977029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。